さいたま市浦和区にある商業ビルの雨漏り/ドレンの蛇腹ホースに亀裂

埼玉県さいたま市浦和区にある商業ビルの雨漏りについてです。

商業ビルは天井が高いので階段室に梯子を設置して、雨漏り箇所の確認です。梯子は2階まで届く長さがあります。
…梯子がアルミ製でよかった。

雨漏りしている場所の真上は屋上のドレンがあります。
今回は高圧洗浄機を使用して、雨漏り調査をしました。

画像の説明

水かけ調査の結果、ドレンの奥にある排水管をつなぐ部分にトラブルがあることがわかりました。

高圧洗浄機を使用して調査を始めると、水が漏ってきました。結構すごい水量ですが、それもそうです。高圧洗浄機から結構な量の水が出てくるわけですから。
蛇腹ホースに白い薄汚れた不織布が巻かれていました。不織布を外すと雨漏りの原因がはっきりと確認できました。

画像の説明

当工事店が入る前に業者が施工をしています。
この薄汚れた不織布が巻いてあるので、前業者の防水屋さんもどこに原因があるのか、わかりにくかったのだと思います。

画像の説明

不織布を取り外してみました。すると、蛇腹ホースに亀裂がありました。

蛇腹ホースに亀裂があるとアウトです。
既存の蛇腹ホースを取り外して、横ドレン用改修用ドレン+特注蛇腹ホースを取り付けます。

画像の説明

防水層にカッターで切り込みを入れると、そんなに苦労することもなく改修用ドレンが外れました。

使用されていたのは縦ドレン用の改修用ドレンでした。
既存が縦ドレンなので、縦ドレン用の改修用ドレンを選択するのが普通です。
前業者が何の疑いもなく縦ドレン用を取り付けたことを、責めることはできないかもしれません。

縦ドレン用の改修用ドレンは鉛の筒が付いているだけで、蛇腹ホースが付いていません。
御覧の通りの鉛の筒です。これを見ると、防水業者の手で雨漏り対策の屋上防水工事が施工されていたことがわかります。

縦ドレン用だと既存の蛇腹ホースの中を通過して、奥まで入れ込むことができないので、雨漏り対策にはなりません。

新しい横ドレン用の改修用ドレンを取り付けます。蛇腹ホースは特注で長くしました。これを入れていきます。

画像の説明

特注の長い蛇腹ホースが出てきました。

画像の説明

この長い蛇腹ホースで雨漏りの原因の一つは解決できました。雨漏りは複数個所に原因がある場合もあるので、今回は外壁のシーリングも経年劣化のためおかしくなっていたシーリングの撤去打ち替えも行いました。これで安心です。雨漏りは解決しました。

画像の説明

特注の長い蛇腹ホースを入れ込みます。奥まで入れたら取付完了です。
先ほど、横ドレン用の改修ドレンといいました。改修用ドレンは鉛でできていて、蛇腹ホースが接続されているので、鉛の部分を既存ドレンの形状に合わせて取り付けることができます。

画像の説明

次は屋上の新しい改修用ドレンにメッシュを貼り付けて補強をして、ウレタン防水を2回塗り+トップコート塗布で完了です。

雨漏りの原因は、いろいろあります。複数の雨漏り危険個所が原因で雨漏りしていることが多いような気がします。
奥が深いのが雨漏り修理です。単純な雨漏りもありますが、複雑な雨漏りでお困りでしたら、必殺雨漏り修理人へご連絡ください。
(2020.7.23/必殺雨漏り修理人)

職人社長安藤への直行便はここをクリック!