朝霞市で雨が降っている中の雨漏り調査

埼玉県朝霞市の雨漏り調査についてです。

朝霞市の雨漏り調査は雨の日の調査でした。
まず室内の雨漏り箇所を見せてもらいました。雨漏りが長く続いたのでしょう。
穴が空いていました。穴が空くのは最初の雨漏りから結構時間が経過しているはずです。
ここまでになると、シロアリなどの影響はないかなど、木部の点検も必要になります。

画像の説明

この他に別の部屋でも雨漏りがあるというので、案内していただくと、電灯の所から雨水が落ちてくる、ということでした。

画像の説明

電灯への雨漏りで気をつけなければならないのは、漏電です。
雨漏りで、雨水が配線を伝わって電灯まで来ると、次は漏電ブレーカーが落ちる可能性があります。

例えば、夜間テレビを見ていて突然、テレビの電源がオフ、部屋が真っ暗になる、という恐怖の一瞬が訪れることにもなりかねません。
これは結構怖いかもしれませんね。

画像の説明

一通り見せていただいてから、屋上へ出てみました。
この日は雨が降っている中の雨漏り調査だったので、屋上の排水の状態がよくわかりました。

雨天の雨漏り調査の利点はこの様に排水の状態、水たまりの状態などがよくわかることですが、雨が降っている時には屋上防水にひび割れ、亀裂があっても発見しにくい時があります。

画像の説明

この様に水が溜まっている場合は、屋上の水勾配が悪かったり、排水ドレンにゴミがが詰まっている可能性が高いです。この状態で、防水層と
ドレンの接着が悪く、隙間がある場合は、雨漏りの原因になってしましますので、普段から清掃をして排水ができる状態にしておかなければなりません。

画像の説明

屋上の平場を念入りに見ていくと、露出防水に亀裂も見つかりましたが、やはり雨天の調査は非常にやりにくいですね。雨が降っている時は、水滴で防水の表面の状態がわかりにくいです。

この日は、現場調査が混み合っていて、予定が組みにくかったので、雨天の調査になりましたが、本当は晴天、曇りにゆっくりと細かく調査をすること、これが一番良いと思います。
雨漏り調査が終わった時は、全身びっしょびしょでした。
(2020.5.2/必殺雨漏り修理人)

職人社長安藤への直行便はここをクリック!