お問合せ・お見積り

さいたま市 雨漏り修理

画像の説明

◎特定非営利活動法人雨漏り診断士協会認定 雨漏り診断士
◎厚生労働大臣認定 1級防水施工技能士
◎厚生労働大臣認定 1級造園技能士
◎国土交通大臣認定 2級建築施工管理技士
◎職業訓練指導員(造園科、森林環境保全科、防水科)免許取得者
◎一般財団法人建築保全センター認定 建築仕上げ改修施工管理技術者

埼玉県さいたま市を中心に雨漏り修理をさせていただいている必殺雨漏り修理人、職人社長の安藤です。
私は現場で雨漏り調査をして、雨漏り修理、防水工事をしています。
その経験から少しお話をさせていただきます。

雨漏りにはいろいろなケースがあります。
それによって使用する防水材も変われば、工法も変わってきます。

雨漏り修理の道を究めるには、やはりいろんなケースの雨漏りと向き合い、本気で真剣に勝負をする必要があります。
お客様からのご依頼を受け、出会う雨漏りがどんな雨漏りでも、たとえそれが業者が変わり、何度も何度も修理をしても止まらない雨漏りであっても、必ずその雨漏りに勝つ方法が見つかります。

画像の説明

実際にあったケースですが、増築をしてから雨漏りがするようになってしまった現場では、足場を設置することができない、もちろん梯子もまともに立てることができない、そんな悪条件の雨漏り修理でした。

既に増築を請け負った業者はお手上げ状態でした。
そこで必殺雨漏り修理人、職人社長安藤が修理をさせていただくことになりました。

雨漏り修理の方法は先にも説明したように、雨漏りのケースにより使用する防水材も工法も変わるということ。

雨漏りの多くの修理方法としては、雨水の入り口をふさぐこと。
入り口を処理してしまえば、雨漏りを止めることができます。
しかし、足場も設置できない、足後もまともに立てられない場合は、どうしたらよいのでしょうか。

画像の説明

これでも、あきらめる必要はありません。
あきらめたら、そこで終わりです。
本気で真剣に雨漏りに立ち向かうことができれば、解決できない雨漏りはありません。

そこで、もう一つの解決方法で雨漏りに立ち向かうことにしました。
それは、雨水を雨漏りする部屋へ侵入する前に外部へ排出させる方法です。
この方法は今までに数回行った経験があります。

建物が古くなり、サッシ廻り、パネル目地などのシールの打ち替えをすれば良いのですが、条件が悪くそれができない場合など、この方法を選択する場合もあります。

本気で真剣に必ず、雨漏りを解決させるという強い信念があれば、どんな雨漏りでも敵ではありません。

雨漏りを斬る!

(2015.3.29/必殺雨漏り修理人/職人社長の安藤)


職人社長安藤への直行便

雨漏りを斬る! 刺客「必殺雨漏り修理人」が、あなたの依頼をお待ちいたしております。

お問い合わせフォームをご利用の際は、必ず「個人情報保護について」をご一読ください。
1.その内容に同意していただけましたら、下記フォームに必要事項をご入力ください。
2.「内容確認画面へ」ボタンをクリック
3. 内容に間違いがなければ「送信する」ボタンを押してください。

電話 048−422−8737  ファックス (faxは廃止により、メール対応になりました)

〒335-0031 埼玉県戸田市美女木3−17−4
『必殺雨漏り修理人』職人社長の安藤、クリエイトコスモ株式会社


職人社長安藤のblog-Gooブログ

必殺雨漏り修理人