雨漏り調査/コロナ対策

新型コロナウイルスが猛威を振るうこのご時世、必殺雨漏り修理人は除菌アルコールタイプのウエットテッシュを常に持ち歩き、マスクを着用して雨漏り調査をしています。

画像の説明

毎日、マスク、うがい、手洗いの徹底。今、やるべきことはやっています。僕が雨漏り調査に伺う時は安全ですので、ご安心ください。

画像の説明

何か触るとアルコールタイプのウエットティッシュかアルコールジェルで消毒、事務所に帰ったら、アルコール成分入りのファブリーズで作業着を除菌しています。

僕は雨漏り調査が終わると、コンビニでコーヒーを買って飲む事が多いのですが、今では、テッシュを指先に巻いて店の中に入るのが習慣になっています。

できるだけ、指で直接触らないですむように指に巻いたテッシュでコンビニのコーヒーメーカーの扉を開け、紙コップを中に入れて、テッシュを巻いた指で「ホットコーヒーS」のボタンを押すようにしています。
ティッシュはこんな時にとても便利です。

P1290867 (2)-resize

それと軍手です。左手に軍手をして何かに触る時は左手で触るようにしています。

いつの間にか潔癖症になってしまったようです。でも、今はこのくらいしないとダメだと思います。人に感染させたくないし、もちろん感染もしたくありません。自分の行動には細かいところまで気を配っています。
自分も含めて大切な人たちが消えていくかもしれない、ってとても怖いことです。

今はまさに国難です。新型コロナの終息時期は、国民一人ひとりの責任のある行動にかかっています。
(2020.4.13/必殺雨漏り修理人)


新型コロナウイルスが猛威を振るうこの時期の雨漏り調査方法について

調査時に雨漏りしている箇所の写真(部屋の内側から撮影したもの)を4~5枚ご用意いただければ、家の中(雨漏りしている部屋)へ入ることなく、外部から梯子、脚立を使用して調査ができる場合もあります。

画像の説明

新型コロナウイルスは怖い、知らない人が家の中に入るのも怖い、僕も正直怖いです。それでも、「雨漏りは止めたい」。最近はこの方法で雨漏り調査をすることが多いです。

画像の説明

もし、建築図面(平面図、立面図)があれば、調査がより正確にできます。
図面が何処へ行ってしまったか、わからない場合はもう一度家の中を探してみてください。
雨漏りしている場所の写真4~5枚と建築図面のコピーをいただければ、調査は短時間で終わると思います。

画像の説明

建築図面が見つからなかったら、手書きの図面でも構いません。

日本では社会的距離(ソーシャルディスタンス)が2mと言われています。守りましょう2mの距離。
雨漏り調査は、最小限の接触になるように工夫をすることが必要だと考えています。

まずはお問い合わせください。
どんな時でも雨漏り調査のやり方はあります。
(2020.4.14/必殺雨漏り修理人)

当工事店を知ってください。

ずばり!当工事店の特色
当工事店の工事内容

職人社長安藤への直行便

雨漏りを斬る! 刺客「必殺雨漏り修理人」が、あなたの依頼をお待ちいたしております。

電話 048−422−8737  ファックス 048−422−8747

〒335-0031 埼玉県戸田市美女木3−17−4
『必殺雨漏り修理人』職人社長の安藤、クリエイトコスモ株式会社